聴衆を見る

2012年05月30日

効果的プレゼンテーションのポイント(聴衆を見ること)

ビジネスマンの皆さんは、会議、得意先との商談(複数メンバー参加)等でプレゼンテーションの機会があると思います。

ではプレゼンテーションで重要なポイントは、何でしょう?

いくつかありますが、その1つは、「聴衆(参加者)を見て話す」ことが重要であると思います。

たまに資料に目を落として一生懸命資料を読んでいる方がいます。
またパワーポイントの方を向いてしまい、パワーポイントを読んでいる方もいます。これでは説得力がありません。

資料、パワーポイントは、前日の準備で頭に入れて、プレゼンテーションは、聴衆(参加者)を見て話すことです。

そのことにより、聴衆に対して、自分の話が響いているのかどうか? 理解いただいているのかどうか?

がわかるからです。また情熱をもって熱心に語っていることを、聴衆に感じていただくためにも、聴衆をしっかりとアイコンタクトで見て、話すことが重要です。

プレゼンテーションは、聴衆のためにするものです。主役の聴衆を見ることは自然なことです。

実践してみてください。



小森コンサルティングオフィス at 01:13コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ