読売新聞

2012年04月04日

「トップセールスの段取り仕事術」読売新聞で紹介!

トップセールスの段取り仕事術 (PHPビジネス新書)
トップセールスの段取り仕事術 (PHPビジネス新書)
クチコミを見る


読売新聞


新刊書「トップセールスの段取り仕事術」PHPビジネス新書 が3月23日の読売新聞夕刊に紹介されました。

商談の基本は「段取り」すなわち準備にあり。いきあたりばったりの商談では成果はでません。

顧客毎の話の段取りを整え準備、資料、を整理することが重要です。

何故なら顧客毎に「利点」が違うからです。研修でいつも言いますが、営業マンがよく勘違いすることは、「商談とは背商品の説明をすることだ。」ということです。

購買の原則からいいますと「人は、自分自身が好きなもの、欲しいもの、必要なものしか買いません。」

営業マンの紹介する商品には興味がないのです。であれば、顧客の「好きなもの、欲しいもの、必要なもの」を聞き出して、それに対して自社商品がいかに合致するかを説明すること。ここがポイントになります。

ほとんどの営業マンは、商談において「話す気満々」でいかれます。ところが相手の心の窓を開き、信頼関係を構築するには、話す前に「相手の話を聞く」ことが重要になります。

これが顧客と信頼関係を構築するポイントになります。

信頼関係を構築して、相手の心の窓を開くには、相手の話を聞くことです。

「営業マンの仕事は、顧客の話を聞くことだ。」 実践してみてください。感謝!



小森コンサルティングオフィス at 08:20コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ