JOC,ボート競技

2016年02月23日

JOC、東京都はオリンピックボート競技「海の森水上競技場」を埼玉県戸田に変更せよ。

2020年東京オリンピックのボート競技場「海の森水上競技場」を問題視する記事がyahooニュースに掲載されている。御覧いただきたい。
http://news.yahoo.co.jp/feature/108

何が問題かというとボート競技は、波、風があってはならない競技であり、通常は、湖、波のおだやかな川で競技する。

ボート競技のインカレ、全日本は、戸田オリンピックコース(埼玉県戸田公園)で行われる。この競技場は、ボート専用の池になっている。

image


名前のとおり1964年の東京オリンピックで使用されたコースであり、関東の多くの大学のボート部合宿所は、ここにあり学生が朝夕の練習に励んでいる。

関西では琵琶湖の支流の瀬田川に瀬田の競艇場があり、朝日レガッタ、関西選手権が行われる。

私の出身の同志社大学のボート部は瀬田川の畔に合宿所があった。

ところが東京都提案の「海の森水上競技場」は、名前のとおり海にある。
よって波、海風が強く選手が快適にボート競技ができない環境にある。

またもうひとつの問題は、建設費用である。
当初69億円の予算がオリンピック決定後1038億円にアップしたのだ。何と当初予算の15倍というデタラメぶりである。

東京都桝添知事の議会での答弁で490億円に減らすとしたらしいが、それでも当初予算の7倍になる。

新国立競技場問題でもデタラメな予算が話題になったが「海の森水上競技場」は、7倍の予算、しかもボート選手の競技環境を考えないという無謀な計画である。

私のボート部の経験から、風の強い日は波が大きくなりボートを出せる環境ではなくなる。

競技用のボートというのは、公園の池のボートと違いスピードを出すためバランスが命である。よって強い風、波があるとバランスがくずれ漕げなくなるのである。

JOC,東京都には、早急に候補地を埼玉県の戸田に変更する決断を求めるものである。

http://news.yahoo.co.jp/feature/108







小森コンサルティングオフィス at 22:52コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ