the

2019年02月24日

昨年参加したボートレース"2018Head of The Seta"参戦記を同志社タイムズの記事より紹介したい。

昨年参加したボートレース"2018 Head of The Seta"参戦記を同志社タイムズの記事より紹介したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
"Head of The Seta"参戦記(同志社タイムズより)

KIMG3092

 2018年11月23日・24日、同志社大学ボート部OB15名が前年に続いて“2018 Head of The Seta”(瀬田川で毎年秋 、シ ー ズ ン の 最 後 に 行 わ れるボートレース)に参戦した。

大会の参加総数はカヌー・ドラゴンボートを含めて220クルー(615名)。国道1号線瀬田 川大橋をスタートし南郷平津を折り返す往復7キロメートル。

各クルーは大会本部が決めた順番に20秒ごとにスタートしていくタイムレースである。

瀬田川にクルーが溢れる。ぼやぼやしていると追い抜かれる。景色は壮観である。

 大会2日目に行われた男子エイト種目に関東組、同じく男子舵付クォドルプル種目(4人漕ぎ) に関西組が出漕した。

また、大会1日目にオープン参加した浜寺マスターズエイトのうち6名は同志社OB であった。
3クルーともに見事に漕ぎきった。

なお、母校現役組はボート部・カヌー部あわせて111名出漕の大選手団であった。

文責  小関隆一(1980年卒)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年も参加して風光明媚な瀬田川でのレースを楽しみたいと思う。

同志社大学ボート部


小森コンサルティングオフィス at 23:17コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年12月17日

瀬田川の今年の王者を決める「Head of The Seta2018(6km)」に同志社OBメンバーで参加しました。

瀬田川の今年の王者を決める「Head of The Seta2018(6km)」に同志社OBメンバーで参加しました。

同志社大学時代にボートを漕いだ風光明媚な瀬田川で11月24日Head of the Setaという瀬田川を6km漕ぐマラソンレースが行われました。

ボート競技はインカレ、全日本で2km、マスターズ全日本で1kmですのでこの大会はマスターズ全日本の6倍の距離を漕ぐことになります。まさに6kmのマラソンレースです。 

Seta-2

写真は我々のWILD Rover号ですが、今年の全日本準優勝の東レさんの艇をおかりしました。

そして同志社のブレードで漕がせてもらチーム全員が力を合わせ6kmを漕ぎきることができました。

Seta-1

ボートという競技は8人の漕手が息を合わせないと効率的に進みません。まさにリズムとタイミングが重要です。Head of the Setaは昨年、今年と2回参加しましたが、風光明媚な瀬田川を楽しみながら漕げることは素晴らしい思い出です。学生時代は練習に集中するあまり景観を楽しむ余裕はありませんでしたが、マスターズになって学生時代では見れなかったポイントに気付くことができて新しい発見です。

レース後は旨いビールを堪能しました。来年も参加したいと思います。

Head of the Setaのサイト(瀬田漕艇クラブ)
http://www.setarc.jp/2018head/

同志社大学ボート部
http://durc.jp/


小森コンサルティングオフィス at 23:40コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015年03月20日

「Do the Right Thing!(正しいことをする) 」、営業としての「バリュー(価値)とふるまい(行動)」とは?、P&Gで学んだこと

私はP&Gの営業本部時代に研修で多くのことを学ばせていただきました。

後には営業トレーナーとして、営業課長として部下の育成の経験もさせていただきましたが、今日はその一つを紹介します。

それは「営業としてのバリュー(価値)とふるまい(行動)」というテーマです。

「Do the Right Thing!」(正しいことをしろ)というポリシーです。

営業が得意先との商談でどのような「ふるまい(行動)」をするかで得意先との信頼関係構築の深さも変わってきますし、商談が成功するか否かのポイントにもなるでしょう?

では常に正しい「ふるまい(行動)」をするには何が必要なのでしょう?

人はつい、規則違反のことでも「ばれなきゃいいか」とか「これくらいのウソはいいだろう」とか「じゃまくさいからこうしとけ」とかの気持ちになってしまうこともあろうかと思います。

ここで「正しいことをするんだ」というマインドで常に行動を律するにはどうすればよいのでしょう?

ポイントは「明確なバリュー(価値)を持つ」ということです。

P&Gでは「Do The Right Thing!」(正しいことをする)というバリューを学びました。

何か行動で迷ったときは、「それは Do the Right Thingか?(正しいことか?)」を常に自問自答するのです。ビジネスマンとして、会社のポリシーとして、自分として正しいこと、と言えるかどうか?
それを価値判断におきます。

例えば「一貫した明確な目標を持つ」というバリューがあります。

ふるまい(行動)としては、
 峩饌達一」の明確な目標設定をする

⇒ダ莉膂漫淵廛薀ぅリティー)を設定する

戦略思考を身に着ける、等があります。  

「人は会社の最も大事な財産である」というバリュー

ふるまい(行動)としては、
〕ソ┐平佑鯑社させ、トレーニングする

個人の貢献度を認識して褒める
                     
オープンで自由なコミュニケーションをする
                     
ぐ媚弖萃蠅忙臆茲気擦

以上がふるまいのポイントになります。

この「Do the Right Thing!」(それは正しいことか?)という質問は、仕事のみならず、プライベートでも実践できるポイントです。

実践してみてください。

小森コンサルティングオフィス at 12:04コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
小森康充
営業トレーナー:小森康充

小森 康充
(こもり やすみつ)

小森コンサルティングオフィス代表
人材育成トレーナー

高い営業能力と顧客コミュニケーション能力により常にハイレベルな売上目標を達成。

世界的エクセレントカンパニーにおいて、アジアパシフィック最優秀マネージャー等数々の表彰を受ける。

後に世界No.1サクセスコーチであるアンソニー・ロビンズのコーチングスキルを習得。

卓越した営業スキルに世界No.1のコーチングスキルをミックス。独自のスキルを確立。

小森コンサルティングオフィスオフィシャルサイト

月別アーカイブ
Amazonライブリンク
Feed
RSS
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ